結論から言いましょう。
イギリス人は本当に傘を差しません

ではなぜイギリス人は傘を差さないのでしょうか。
その理由は3つあります。

目次

理由1:一日のあいだに雨が降ったりやんだりするから

イギリスにはこんなことわざがあります。

一日のうちに四季がある

このことわざにあるようにイギリスでは雨が降ったりやんだり、めまぐるしく天気が変わります。
日本のように一日中晴れ、一日中雨といった天気があまりないようです。

そうは言っても雨が降っているのに傘を差さなかったら濡れてしまいますよね。
それではイギリス人はどうやって雨をしのいでいるのでしょうか。

理由2:フードを被れば問題ない

フードさえ被ってしまえば雨は問題ない、イギリス人はそう思っているようです。
日本人の私たちはフードどころでは雨は防げないと思ってしまいます。

「シャワー」を知っていますか?
お風呂のシャワーはもちろん知っているかと思います。
しかし、この記事のテーマであるイギリスに加えオーストラリアやニュージーランドでは別の意味で「シャワー」を使います。
これらの国では細かい霧のような雨、霧雨が多いんです。
このような雨のことを「シャワー」と言います。

雨粒が細かく、傘を差しても防ぎきれないのがこのシャワー。
傘が無意味なのでフードを被るんです。

理由3:海風が強く傘がすぐに壊れる

イギリスは海から強風が吹くことが多く、傘がすぐに壊れてしまい役に立たないとも言われています。
確かに風が強いと傘を差すのは難しいですが、内陸の地域ではそれほどでもないのかなと私は思っています…。

おまけ:傘は差さないけどおしゃれとして傘を持つイギリス人

余程のことがないと傘をささないイギリス人ですが、常日頃から傘を持っている英国紳士もいらっしゃいます。
これはおしゃれとしてステッキのように持ち歩いているようです。

しかし、あくまでもおしゃれのため。
雨が降っても差すことはないでしょう。

まとめ

イギリス人が傘を差さない理由を3つご紹介しました。
それがこの3つ。

  1. 一日のあいだに雨が降ったりやんだりするから
  2. フードを被れば問題ない
  3. 海風が強く傘がすぐに壊れる

イギリスにワーキングホリデーへ行こうと考えているあなた。
雨でも傘を差さないイギリス流にするのもよいですが、風邪をひかないように気を付けましょう。