あなたはスマートフォンを使っていますか? 多くの方がスマホを使っているのではないでしょうか。
それではキャリアはどこですか?そのキャリアで縛りはありますか?
「キャリア」とは通信会社のことで日本だとドコモ、au、ソフトバンクなどがありますね。
もしこれらのキャリアと契約しているのであればぜひこの記事を読んでみてください。

これからワーキングホリデーで海外生活をはじめようと思っているのであればぜひ「SIMフリーのスマホ」を使うべきです。
なぜ、SIMフリーのスマホが良いのか、どうすればSIMフリーのスマホを使えるようになるのかをこの記事でご紹介します。

目次

そもそもSIMフリーってなんだ?

スマホを購入し使うためには「SIMカード」という小さなカードを端末の中に入れなければいけません。
このSIMカードの中にあなたが契約したキャリア(通信会社)の情報が入っているんです。
SIMとはSubscriber Identity Moduleの略で、まさに誰がどのような契約をしたかという情報です。
その上で「SIMがフリー」ってどういうこと?と思うかもしれませんね。

ここでSIMフリーの説明をするために日本の携帯電話の歴史に触れておかなければいけません。

日本では通信キャリアが端末を販売している

今使っているスマホはどこで購入しましたか?
ドコモ、au、ソフトバンクなどの通信キャリアのお店で購入した人もいるかもしれません。

日本ではガラケーの時代から通信キャリアで端末を販売するという状態が続いています。
(ちなみに海外でもそのようなケースはありますが、日本は特に顕著です)
そして、通信キャリアと端末は紐付いていたんです。
ガラケーを使っていた人は覚えているかもしれませんが、例えばドコモのガラケーはauやソフトバンクでは使えません。
auやソフトバンクを使いたいと思ったら、また新たに端末を買わなければいけません。

これはスマホになった今でも変わりません。
ドコモで買ったスマホはドコモ、auはau、ソフトバンクはソフトバンクでしか使えないのが基本です。

iPhoneは各社から出ていますよね?
同じiPhoneでもキャリアが違うと使えません。
これが、SIMがロックされている状態

ここでやっとSIMフリーの説明に入れます。

SIMフリーとはSIMロックが解除された状態

SIMロックとは「決められたキャリアでしか端末が使えない」ことです。
そのロックを外すことができれば同じスマホ端末を使って他のキャリアに契約を変更することができるはずです。

実はそのロックを外すことができるようになったのが2015年から。
2015年以前も技術的には可能だったんですが、メーカー非推奨の方法であったりグレーゾーンでした。
しかし携帯電話を管轄する総務省が各キャリアにユーザーからSIMロックを解除の申し出があったら対応するよう義務付けました。

この変更により、ガラケーの頃から続いていた通信キャリアと端末の紐付けが実質なくなったと言えるんです。

でもSIMフリーって日本国内の話じゃないの?と思うかもしれません。
しかし、これから海外に行くあなたにとても関係があることなんです。

海外に行く人がSIMフリーのスマホを使うべき理由

SIMフリーとは通信キャリアに関わらず使うことができるものだとご説明しました。
このSIMフリーはドコモ、au、ソフトバンクといった日本国内のキャリアだけでなく、海外の場合でも関係がある話なんです。

理由1:SIMフリーならどの国、どの通信会社でも使える

SIMフリーのスマホは使えるキャリアの制限がありません。
つまり日本で使っているスマホを海外に持って行っても簡単な設定をするだけで使うことができちゃうんです。

「スマホの設定なんてできない」と心配しているあなた。安心してください。
お店によっては店員さんが設定してくれたり、わかりやすい説明の冊子をくれたりするので大丈夫です。

ちなみに、厳密にはSIMフリーのスマホでも機種によっては対応していない通信会社もあります。
わからなかったらお店に持っていって店員さんに聞いてみてください。
持っているスマホが対応しているかどうか教えてくれますよ。

理由2:日本に帰ってきても使える

もし日本で買わずに海外の現地でSIMフリースマホを買ったとしても日本で使うことができます。
データの移行も必要なく、慣れ親しんだスマホをつかうことができますね。

しかしここで注意しなければいけないのが「技適マーク」です。
簡単に言うと「日本で使うための審査に通った印」。
iPhoneなど日本で同じモデルが売られていればほとんどの場合大丈夫です。

詳しくは技適マークの解説記事をご覧ください。
SIMフリースマホを買う前に要チェック!「技適マーク」の調べ方と知っておきたい基礎知識 | モバレコ - SIM・スマホの総合通販サイト

理由3:スマホ端末の値段が安い

Android限定になってしまいますが、とても安いSIMフリーのスマホをゲットすることができます。
キャリアで販売されている端末には限界がありますよね。

しかしSIMフリーの場合には何でもいいんです。
こだわりがなければ、1万円台で買うこともできてしまいますよ。

それではすでにSIMロックされたスマホを持っている方がロックを解除する方法を解説します。

SIMロックを解除する方法

もしあなたが日本に住んでいてドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアでスマホを買ったのでしたらSIMロックがかかっている状態です。
手続きをしてSIMロックを解除しましょう。
「手続き」と言っても簡単です。ネットやお店でできますよ。
それぞれのキャリアでのSIMロック解除の方法はこちらをご覧ください。
なお2020年1月現在、どのキャリアでも手数料として3,000円(税別)が必要です。

続いて新しくスマホを買い替えたいと思ってる方はぜひSIMフリーの端末を買ってみましょう。

SIMフリー端末を買う方法

日本のキャリアでスマホ端末を買うと基本的にSIMロックがかかっています。
あとでロックの解除もできますが手数料もかかってしまいますし、せっかくなら最初からSIMフリーの端末を買うのがおすすめ。

キャリアで買うとSIMロックがかかっていますので、キャリア以外で買わなければいけません。
それではどこでSIMフリーのスマホを買うことができるのでしょうか。

SIMフリーのiPhoneを買うならAppleショップ

iPhoneはAppleの製品なのでAppleショップで買うことができます。
Appleショップで売っているのはSIMフリーです。

SIMフリーのAndroidを買うなら家電量販店

Androidは様々なメーカーから出ているので家電量販店で買うのがおすすめ。
家電量販店のポイントも貯まります。

注意しなければいけないのが家電量販店の中でもキャリアのコーナーで買わないこと
家電量販店のスマホコーナーに行くとドコモ、au、ソフトバンクのキャリアが看板を掲げて販売しているところがあります。
そこで購入するとSIMロックがされています。
キャリアではないコーナーで購入するようにしましょう。
心配なら店員さんに「SIMフリーのスマホが欲しい」と伝えてみましょう。

まとめ

海外に行くと日本の通信キャリアが繋がりません。
そんな環境において日本と海外で同じスマホ端末を使うなら、SIMフリーのスマホを使う必要があるとご理解頂けたのではないでしょうか。

もし、すでにSIMロックされている端末を持っているならSIMロック解除を。
これから買うならAppleストアや家電量販店などキャリア以外で購入してくださいね。

ワーホリに行くことが決まっているのでしたらぜひこちらの記事も合わせてご覧ください。
現地でスマホを買うのではなく、日本で買っておいたほうが良い理由をご紹介しています。