ニュージーランドの最大の都市でもあり、ワーホリ渡航者からも人気なのがオークランドです。
そんなオークランドの主要な交通機関といえばバス。
ホームステイをしているほとんどの方がバスを利用しているのではないでしょうか。

この記事では毎日の通学に不可欠なバスをお得に乗るために、学割を利用する方法をご紹介します。

目次

1. 学割が適用されるのは16週間以上通う学生

オークランドのバスを学割料金で乗れるかどうかは就学期間が関係しています。
学割が適用されるのは"16週間以上"学校に通う学生のみです。
16週間なので4ヶ月間ですね。

ちなみに観光ビザで通学できるのは最大3ヶ月間です。
つまり観光ビザを使って語学留学している方は残念ながら学割が使えないんです。

しかし「AT HOPカード」を手に入れるとお得にバスを利用できるので慌てずこのまま記事を読んでくださいね。

もし16週以上のコースに通っているのであれば、学校の担当者の方にバスの定期を買いたいと伝えてみてください。
学生証に学割が適用されることを証明するシールを貼ってくれたり、在学証明書を発行してくれたりしますよ。

2. ブリトマート駅で「AT HOPカード」を買う

オークランドでバスに乗るならAT HOPカードを絶対手に入れてくれてください。
AT HOPカードは日本のSuicaやPASMOのように切符の代わりに使えるカードです。
現金でバスに乗ることもできますが毎日のことですし、カードを持っていたほうが圧倒的に便利。

そんなAT HOPカードはインターネットやスーパーでも購入ができます。
どこで買えるのか、詳しくはこちらの公式サイトを参考にしてみてくださいね。

AT HOP retailers | Auckland Transport

しかし学割で購入するのはちょっとわかりづらいので係の方に聞けたほうが安心ですね。
ブリトマート駅では係の方が丁寧に教えてくれるので問題ありませんよ。

また、学割ではなくてもAT HOPカードを使うとバス料金が10%オフになるので絶対に手に入れましょう。

まとめ

オークランドのバスで学割を使うには16週間以上のコースに通学する必要があります。
16週未満の方は残念ながら学割は使えません。

ただAT HOPカードを使うと学割でなくても10%オフになるのでぜひゲットしてください。

さらにバスの乗り降りの仕方、AT HOPカードの使い方はこの記事を参考にしてみてくださいね。