ワーキングホリデーの行き先としてかなりの人気を誇るのがカナダです。
そのカナダへの直行便が2016年5月から増えるんです。
ワーホリでカナダへ行こうと考えている方にとって、直行便が増えるのは朗報ですね。

トロントとバンクーバー以外の直行便の情報はこちらの記事をご覧ください。

目次

トロントに行くなら成田からも

ワーホリ人気1, 2を争うトロントへは今まで羽田空港からしかいけませんでした。
しかし、2016年5月からは成田空港からもエアカナダの直行便が就航します。

しかもエアカナダの便ですが、全日空(ANA)がコードシェアをしているため全日空のマイルを貯めている方は大量マイル獲得のチャンスですね。

待望の関西発のバンクーバー便

今まで日本からカナダへの直行便は成田空港か羽田空港しかありませんでした。
関西からカナダへ行く場合、これらの方法が考えられました。

  • 成田や羽田へ国内線で移動してからカナダへ行く
  • アメリカでの乗り継いで(トランジット)でカナダへ入る

トランジットだと費用を抑えることができますが、時間がかかるので疲れてしまうのでできれば避けたいものですよね。

その心配がなくなります。
関西国際空港からバンクーバーへ直行便で行けるようになります。

まとめ

直行便が増えることでワーホリの滞在先をどこにするか悩んでしまいますね。
カナダの他の都市への直行便はこちらからチェックしてください。