今までオーストラリアにワーキングホリデービザで渡航する際には健康診断の受診が必要でした。
しかし2015年11月20日以降は健康診断が必須ではありません

ただ一部の方は引き続き健康診断が必要です。
どういった変更なのか確認してみましょう。

目次

健康診断結果の提出が原則不要に

2015年11月20日以降のオーストラリアのワーキングホリデービザ申請の際には健康診断の必要がなくなりました。
以前の申請の場合には健康診断結果の提出が必要でした。

しかしオーストラリアの法律の変更によって日本からワーキングホリデーで行かれる方の健康診断結果の提出は基本的に必要ありません。

一部の方は引き続き健康診断が必要

基本的にはワーホリビザの申請の際に健康診断は必要ありません。
しかし一部の渡航者は今まで通り健康診断結果の提出が必要なんです。

どんな方が健康診断を受けなければいけないのかはワーホリ制度の解説記事をご覧ください。

なお、健康診断はオーストラリア移民局指定の病院で受診しなければいけません。
対象になっている病院の一覧はこちらです。

まとめ

2016年時点では基本的にワーキングホリデービザでの健康診断の必要がありません。
これでもっと気軽にオーストラリアに行くことができるようになりましたね。
詳しくはオーストラリア移民局のサイトをご確認ください。