同じ飛行機に乗るんだったら誰でも安いほうが良いと思いますよね。
安い航空券を探すときに考えるのがこれらのこと。

  • どのシーズンが安いのか
  • どの航空会社が良いのか
  • 直行便か経由するのか

これらを総合的に調べられるのが格安航空券比較サイトです。
「航空券 格安」とGoogleで検索すればいくらでもそのようなサイトが出てきます。
スカイスキャナー(Skyscaner)やエアトリ、トラベルコ、スカイチケット(skyticket)などが代表的なところでしょうか。

しかし、実はそのようなサイトに出てくる価格が一番安いとは限らないのです。
なぜ巷にあふれる比較サイトに出てこない激安の航空券が存在するのか。
そして、なぜそれが比較的マイナーな中小規模の旅行代理店なのか、今回はその秘密に迫ってみます。

目次

同じフライトでも旅行代理店によって価格が違う

もはや説明の必要がないのかもしれません。
販売している旅行代理店によって航空券の値段は変わります。
だからこそ比較サイトがあるんです。

なぜ、旅行代理店ごとに航空券の値段が違うのか。
それはこういった理由があるんです。

旅行代理店ごとに航空券の仕入れ値が異なる

すべての旅行代理店は航空会社から座席を配分してもらわなければいけません。
これは大手の旅行代理店や販売サイトであっても同じこと。

例えばHISやJTBなどの大手旅行代理店もANAやJALなど航空会社の運行する飛行機の座席を代理で販売しているに過ぎません。
これが「旅行代理店」の仕事。
つまり簡単に言うと、旅行代理店は航空会社から航空券を仕入れて、乗りたい人に売っているんです。

しかし旅行代理店が買う航空券の金額、いわゆる仕入れ値はそれぞれ全く違うんです。
どのような理由で仕入れ値が変わるのでしょうか。

仕入れ値が旅行代理店ごとに異なる理由のひとつは、その旅行代理店にお願いすればどれぐらいの数の航空券を売ってくれるのかです。
飛行機は一度スケジュールが決まると飛ばなければいけませんよね。
空席があるからといって飛ばないなんてできません。

つまり空席があると飛行機で空気を運んでいるのと同じこと。
航空会社はそうならないためにできる限り空席が出ないようにしたい。
空席で売上がゼロになるよりは安く販売して少しでも売上を回収しようとするんです。

空席を無くしたいのであれば、たくさん航空券を売ってくれる旅行代理店にお願いするのが自然ですよね。
そしてたくさん航空券を売ってくれるなら安く卸してあげるといったことが行われます。
普段の買いものでもまとめ買いをすると安くなるのと同じですね。

人件費や広告費をどれだけかけているか

航空会社から信頼を得て、安く航空券を仕入れられたとします。
しかし、その仕入れ値に旅行代理店の人件費や広告費、その他の経費がプラスされ、私達が購入する金額が計算されます。
つまり、経費がたくさんかかっている旅行代理店では安い航空券を提供できません。

大手の旅行代理店のテレビCMを見たことはありませんか?
主要な駅の近くにお店はありませんか?
テレビにCMを出したり、駅前に店舗を出したりするには莫大なお金がかかります。
この費用が航空券の金額にかかってきます。

そう、比較サイトに出ていない格安航空券がある秘密です。
比較サイトに掲載するのは無料ではありません。
旅行代理店が比較サイトに何らかのお金を払っています。
その掲載費用を抑えようとしたら、比較サイトの検索で出てこなくなってしまうんです。

「大手の旅行代理店じゃなきゃ嫌だ」というこだわりがないなら、シンプルに価格だけで選んでしまっていいんです。

大手よりも中小規模の旅行代理店のほうがワーホリ・留学に特化していることがある

大手旅行代理店はツアーを多く販売しています。
ツアーなので7泊9日など期間が決まっている航空券の取り扱いが特に強い特徴があります。
つまり、普通の海外旅行に行くようなときの航空券の手配に強いのが大手旅行代理店なんです。

それではワーキングホリデーや留学で使うような、1年の長期間や片道だけの航空券の取り扱いが得意な旅行代理店はどのような会社でしょうか。

それはワーキングホリデー・留学専門の旅行代理店です。
ワーホリ・留学専門の旅行代理店はワーホリ・留学の方が利用する航空券の取り扱い量も知識も豊富で、独自のワーホリ・留学専用料金を持っています。
マイナーな都市へのアクセスやたくさん荷物を持っていきたいときの相談にも乗ってくれますよ。

まとめ

比較サイトだけが格安航空券を探す手段ではないということをご紹介しました。
それは旅行代理店、特に中小規模の旅行代理店の担当者に直接見積もりを取ることです。
比較サイトなどの広告費がかからないため、より安い航空券を提示してくれることが多いです。
特にワーホリや留学を専門に扱っている旅行代理店なら文句はありません。

また、どうしても比較サイトの検索フォームでは自分のフライトスケジュールに合った柔軟な検索が難しいことがあります。特にワーキングホリデーで1年後の予定がわからない場合には、直接担当者の方に相談するのがベストです。

ワーホリ・留学で安い航空券を探しているのでしたらぜひ比較サイトだけでなく、旅行代理店の問い合わせフォームから見積もりを取ってみてくださいね。