カナダはワーキングホリデーの協定国になっています。
ワーキングホリデーは学校に通ったり仕事をしたりとかなり自由が効く万能ビザです。
ただ「同じ国では一度しかワーキングホリデービザを取得できない」という制限があります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ワーホリは学校に通ったり、仕事をしたりとかなり自由なビザ。
特に仕事ができるビザはかなり限られていて、取得するにもハードルがとても高いんです。

そんな貴重な仕事ができるビザを無駄にしないように語学学校に通うだけならワーホリは使わないでください。
今回はカナダで語学留学をしたい人におすすめの観光ビザで留学する方法をご紹介します。

目次

事前知識:6ヶ月以内の短期留学ならワーホリビザや学生ビザがいらない

語学留学をするなら学生ビザやワーホリビザが必要だと思っていませんか?
実はそんなことないんです。
カナダでは観光ビザで最大6ヶ月間語学学校に通えます

語学学校に通うだけなら観光ビザで大丈夫です。
英会話力を上げる目的なら半年間も通えば十分だと個人的には思っています。

もし試験対策などを考えているなら1年間など長い計画を立てているかもしれません。
その場合には観光ビザではなく学生ビザを取得してくださいね。

そこでこのあとは具体的なカナダの観光ビザの取得の仕方をご説明します。

ちなみにカナダと同じように観光ビザで語学留学が可能なワーホリ人気国が他にもあります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

日本人なら渡航前に簡単な申請をすればOK

カナダでは6ヶ月以内の語学留学であれば観光ビザでOKです。
なぜ最長6ヶ月かというと、「eTA」という旅行者用の電子渡航認証(電子ビザ)を利用するんですが、その電子ビザで滞在できるのが最長6ヶ月間だから。
観光で滞在する場合でも6ヶ月を超えるならeTAではダメなので観光ビザを申請しなければいけません。
詳しくはカナダ政府のサイトでご確認ください。
電子渡航認証(eTA)の概要 | カナダ政府

話を戻します。
カナダのeTAという電子ビザを使えば最長6ヶ月間語学留学が可能です。
気になるのはeTAをどうやって取るのかですよね。
実はかなり簡単なんです。
私が申請したときは5分で終わりました。
それでは短期語学留学に使えるeTAの取得方法を解説しますね。

0. eTAに必要なもの

eTAの申請に必要なものはこの3つだけ。

  1. パスポート
  2. クレジットカード
  3. メールアドレス

もしクレジットカードを持っていないのであれば、日本にいるこのタイミングで作っておきましょう。
海外生活では必須ですよ。

1. インターネットで申請

準備ができたらインターネットから申請します。
スマホでも構いませんが、入力項目も多いのでパソコンから申請することをおすすめします。

電子渡航認証(eTA)を申請する | カナダ政府

入力項目は英語ですが、心配することはありません。
日本語の解説があるので、こちらを見ながら入力してください。
申請ヘルプガイド (PDF)

入力が済んだらクレジットカードで決済します。
申請費用は7カナダドル(約600円)で、払い戻しはできません。

これだけで申請は終わりです。

2. メールを受信

申請が終わったら入力したメールアドレスにメールが届きます。
多くの場合、数分以内にeTAが取得できたと連絡が来るようです。

しかし申請に問題がある場合には追加書類を求められる場合があります。
どんなときに追加書類が必要かと言うと逮捕歴がある、渡航歴がかなり多い、健康に問題があるといったケースが想定されます。

メールで「Status: Approved」や「eTA number: A1234567」といった情報が来れば無事にeTAが取得できていますよ。

【注意】パスポートの有効期限をチェック

eTA自体の有効期限は最大5年間、滞在できるのは最長6ヶ月間です。
しかしこれはパスポートの有効期限がある場合。
eTAの有効期限はパスポートの有効期限と同じになり、カナダに滞在できるのはパスポートの有効期限までなんです。
6ヶ月カナダに滞在したいのでしたら、早めにパスポートを更新してからeTAを申請してみてくださいね。

まとめ

カナダの語学学校に通いたい場合は6ヶ月以内なら簡単なインターネットでの手続きだけで通うことができます。
大学生の夏休みなど多くの方がこの方法で渡航していますよ。
なお6ヶ月を超える通学をしたい、カナダで働きたいといった場合には別のビザが必要なので注意してくださいね。