バンクーバーに住むワーホリや留学生を見ていると、学校や職場がダウンタウンにあっても住んでいるのは郊外というケースがとても多いです。
ダウンタウンは家賃が高いので比較的家賃が安い郊外に住んでいるわけです。

そんな通学・通勤に欠かせないのが電車とバス。
バンクーバーはダウンタウンを中心に各方面に電車やバスが張り巡らされています。
これらを利用すれば簡単に様々なエリアに行くことができます。
交通の便が良いことも郊外に住む人が多い利用のひとつでしょう。

電車やバスを利用するときに便利なのが「Compas Card (コンパスカード)」です。
今回はCompass Cardの購入の仕方を写真付きでわかりやすくご紹介します。

目次

Compass Cardは電車やバスの料金を支払えるカード

バンクーバーで使えるCompass Cardは日本のSuicaやPASMOと似ているカード。
駅やコンビニで購入、チャージをして、電車やバスに乗るときに料金を支払うことができます。

学校に通っていたり仕事をしていたりする人は定期券として利用も可能。
さらに定期券として使わなくてもCompass Cardなら紙の切符よりもお得に電車とバスに乗ることができます。
詳しい使い方はこれらのサイトをご覧ください。
(駅でも買い方はこの記事でご紹介します)

駅で簡単にCompass Cardをゲットする方法

駅の券売機ならCompass Cardを日本語で購入することができます。
詳しい方法をご紹介します。

1. 駅に行く

バンクーバーの主要駅に行けばこのような券売機が簡単に見つかります。

バンクーバーの券売機
ワーホリハッカー

この機械で紙の切符だけでなくCompass Cardの購入もできます。

2. タッチパネルで操作

日本でSuicaやPASMOなどの交通系ICカードを利用したことがあるならほとんど説明することはありません。

「New Compass Card」を押すとCompass Cardを購入することができます。

券売機の「New Compass Card」を押す
ワーホリハッカー

あとはチャージする金額を選び、現金かクレジットカードを入れれば大丈夫。
なおデポジット(補償料)として6ドル(約500円)必要です。
デポジットはCompass Cardを返却するときに戻ってきます。紛失や破損をしなければ返金されるので安心してください。

もうこれで無事にCompass Cardをゲットできました。

不安なら日本語に切り替えましょう

実は先程の券売機の表示を英語から日本語に切り替えることができます。

こちらは先程の写真ですが、下の方で言語表示が選べるようになっていることがわかるかと思います。

券売機の「日本語」を押す
ワーホリハッカー

言語選択から「日本語」を選べばこのように画面が日本語に切り替わります。

券売機を日本語表示に
ワーホリハッカー

それでも不安なら係員さんに聞いてみよう

この記事を開きながら機械の操作をひとつずつゆっくり進めれば問題なくCompass Cardを手に入れられることでしょう。
しかしそれでも不安だったり、何かエラーが起こってしまったりしたときは係員さんに声をかけてみてください。
主要駅ならこのような感じで優しい係員さんが近くにいるはずです。

Compass Cardの買い方を係員さんに聞こう
ワーホリハッカー

まとめ

バンクーバー生活では電車やバスの利用が欠かせません。
そこで必要になるのがCompass Card。
定期券になりますし、紙の切符を買うより安く乗ることができます。
バンクーバーに着いたらできる限り早めに手に入れましょう。

ちなみにCompass Cardが手に入れられるこの券売機はバンクーバー国際空港にも設置されていて、空港からダウンタウンへ向かうCanada LineでもCompass Cardが利用できます。

また、カードの中身が減ってしまってもこの券売機でチャージができるので何かとお世話になるでしょう。
電車とバスを乗りこなして快適なバンクーバーライフを送りましょう!!

Image by Steve Morgan