ワーキングホリデーの渡航先として人気のイギリスとアイルランド。
日本から出ている直行便を調べました。
2016年4月1日現在、日本の主要空港から直行便が出ているワーキングホリデーで人気のイギリスの都市です。

目次

イギリス・ロンドン

イギリスの首都ロンドンには複数の直行便が就航しています。

現在(2016年4月1日)、日本から直行便があるイギリスの都市はロンドンのみです。
イギリスの他の都市への飛行機でのアクセスはロンドンやパリなどでのトランジットが必要です。
なおイギリスでは高速鉄道など列車で各都市へ行くこともできますよ。

羽田空港:約12時間45分

  • 全日空
  • 日本航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ

成田空港

  • ブリティッシュ・エアウェイズ:約12時間45分
  • アエロフロート・ロシア航空:約16時間

アイルランド

現在(2016年4月1日)のところ残念ながら日本からアイルランドへの直行便はありません。
最もポピュラーなのはロンドンのヒースロー空港でトランジットし、そこからダブリンへ向かうフライトです。

まとめ

時間の節約ができる直行便ですが、やはり人気のためすぐに航空券が無くなってしまいます。
早めの予約をして快適な空の旅を楽しみましょう。