ワーキングホリデーで英語圏の国に次ぐ人気なのがフランスです。
2016年4月1日現在、日本の主要空港から直行便が出ているワーキングホリデーで人気のフランスの都市をまとめました。

目次

パリ

フランスの首都パリはヨーロッパのハブ空港となっており、パリを起点に様々な都市へ行くこともできます。

羽田空港:約13時間

  • 全日空
  • 日本航空
  • エールフランス航空

成田空港

  • エールフランス航空:約12時間45分
  • エアロフロート・ロシア航空:約15時間45分

まとめ

現在(2016年4月1日)のところ日本から直行便で行けるのはパリのみです。
リヨンやコート・ダジュールなどの都市へはヨーロッパ各都市でのトランジットやTGV(高速鉄道)でのアクセスとなります。

時間の節約ができる直行便ですが、やはり人気のためすぐに航空券が無くなってしまいます。
早めの予約をして快適な空の旅を楽しみましょう。