ワーキングホリデーに行く理由として語学学習は多くの方があげる目的です。
数あるワーホリ対象国の中でカナダ、さらにモントリオールがあるケベックを選んだのであれば英語とフランス語の二ヶ国語を学ぶことが目的なのではないでしょうか。

フランス語を学ぶ目的でケベックへ行こうと考えている方が気になるのは、フランスで使われているフランス語とケベックで使われているフランス語の違い。
この記事ではそんな疑問にお答えします。
なお私はフランス語がわからないのですが、フランス語がネイティブの友人に取材をしこの記事を書いています。ネイティブの視点から書かれているので信頼していただけるのではないでしょうか。

目次

フランスとケベックのフランス語は語彙や表現方法に違いがある

フランスで使われているフランス語とケベックで使われているフランス語では、使われる語彙や表現にいくらか違いがあるようです。
具体的にどのように違いがあるのか動画で観てみましょう。

実際にフランスとケベック出身者がフランス語を話している動画

論より証拠。
まずはこちらをご覧ください。
フランスで育った男性とケベックで育った女性がそれぞれのフランス語の違いについて話しています。(動画に英語の字幕がついています)

この動画にあるように、いくつかの単語の発音であったり表現の仕方であったり違いがあるようです。

語彙や表現に違いがあっても問題なく伝わる

先程の動画を観ていただくとわかるように、いくつかの単語では異なることばを使っている場合があります。

しかしこれは「訛り」として感じられるレベルの違い。
日本語では東京方言(標準語)と大阪弁、英語ではイギリス英語とアメリカ英語と同じ感覚でしょうか。

ちなみに英語の訛りについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

普段日本語を使って生活していて、話すことばに訛りや方言があり「これってどういう意味?」という部分があったとしても、ほとんどの部分は理解できるのではないでしょうか。
つまり基礎的なレベルに関してはフランスとケベックの違いは気にしなくても大丈夫。

さらにフランス語ネイティブの友人が言うには、訛りを気にするレベルになれば世界中いろいろなところで使われているフランス語の知識がついてくるそうです。
例えば「この単語はフランスでは〇〇でカナダでは〇〇、アフリカでは〇〇」といった感じ。

もしそれでもわからない単語や表現があったら、素直に相手に聞いてみればいいんです。
言語はあくまでコミュニケーションのツール。
質問をすることで会話のきっかけにもなりますよ。

【注意】二兎追う者は一兎も得ず

あなたはこのことわざを聞いたことがありますか?

二兎を追う者は一兎をも得ず  (ニトヲオウモノハイットヲモエズ)
同時に違った二つの事をしようとすれば、結局どちらも成功しないというたとえ。
大辞泉

慣れない土地で生活することだけでもとても大変なことです。
欲張って「英語とフランス語を学びたい」と思っても、どちらも中途半端でおろそかになってしまうかもしれません。

どちらかの言語がビジネスレベルぐらいの高い水準にあるのであれば問題ないかもしれませんが、どちらも初学者の場合には注意してください。
まずは英語かフランス語どちらかに絞り、1年間という短い滞在を無駄にしないことも大切ですよ。

まとめ

「ケベックのフランス語はフランスでは通じないの?」という心配。
気にしすぎなくて大丈夫ですよ。

もしフランス人と話していて伝わらないことがあれば表現を変えたり、質問してみたりすることでフランス語のスキルがアップすること間違いありません。
まずはどんどん会話することが大切です。

ただ英語とフランス語を同時進行で学ぼうとするのは難しい部分があるかもしれませんよ。