日本からも多くの観光客が訪れる都市がシドニーです。
ワーキングホリデーの滞在先としても人気ですよね。

そしてワーホリの楽しみのひとつが観光。
「せっかくオーストラリアに来たんだからコアラを抱っこしたい!!」と思っているあなた。

シドニーではコアラを抱っこできませんよ!!
ちなみに私も旅行でシドニーに行ったのですが、下調べをしなかったため残念な思いをしてしまいました…。

シドニーがダメなら他の都市で抱っこすればよい、ということで今回は「オーストラリアのどこならコアラを抱っこできるのか」をまとめました。

目次

コアラが抱っこできないのはここ

いくつかの州では法律でコアラの抱っこが禁止されています。
まずは抱っこができない主要な都市をチェックしましょう。

シドニー (ニューサウスウェールズ州)

シドニーにはとてもわかりやすい名前の「コアラパーク」があります。
ただしニューサウスウェールズ州(NSW州)の法律でコアラの抱っこが禁止されています。

メルボルン (ビクトリア州)

メルボルンには「メルボルン動物園」があるのですが、こちらも州の法律で抱っこが禁止されています。

タスマニア (タスマニア州)

動植物などの自然が豊かなタスマニア。
ここも抱っこが禁止されています。
しかし抱っこができなくてもタスマニアの自然に触れることができるので、ぜひ時間を作って訪れてみてください。

ダーウィン (ノーザンテリトリー)

ワーキングホリデーで滞在される方は少ないかもしれませんが、ここも禁止されています。

キャンベラ

オーストラリアの首都キャンベラには国立動物園水族館があるのですが、残念ながらここも禁止です。

お待たせしました。
それではコアラを抱っこできるスポットをご紹介します

コアラが抱っこできるのはここ

ワーホリでも人気のあるいくつかの都市ではコアラが抱っこできます。
そして抱っこができる主な動物園はこちらです。

ケアンズ/ゴールドコースト/ブリスベン (クイーンズランド州)

パース (西オーストラリア州)

アデレード (南オーストラリア州)

まとめ

あなたが住んでいるところ、旅行で行くところの近くにコアラが抱っこできる動物園はありましたか?
豊かな自然が魅力のオーストラリア。
「せっかく来たのに…」と後悔しないようにしっかりチェックしてくださいね。

※なお実際にコアラが抱っこできるかどうかはそれぞれの公式サイトなどの情報を確認してください。

Image by Tanner Ford