カナダ移民局が2017年分のワーキングホリデーの申請を2016年10月中旬から受け付ける発表しました
カナダ移民局公式サイト:International Experience Canada: Who can apply

近年は募集対象の前年の12月や年明けに発表されることが多かったカナダのワーキングホリデーですが、2017年分は早い段階での発表でした。
2017年の初め頃にカナダへ渡航をしたい方にとってはとても良いタイミングなのではないでしょうか。

なお、10月中旬に2017年分の申請の受け付けを開始しますが、2016年分の申請は9月末で終了となるのでご注意ください。

2016年からビザの取得が難しくなったと言われるカナダのワーキングホリデーですが、どのように準備をすれば良いのかおさらいしておきましょう。

目次

2017年夏頃に定員に達する予想。できる限り早めの準備を

2017年のワーキングホリデービザのポイントを紹介します。
(2016年9月27現在の予想です。正確な情報はカナダ移民局公式サイトでご確認ください)

6,500人の定員が夏にいっぱいに

カナダのワーキングホリデーは定員があります。(オーストラリアやニュージーランドは定員がありません)
この6年は定員6,500人が1年弱でいっぱいになり受け付けが締め切られています。

2017年も例年通りならばおそらく6,500人の定員が2017年の夏頃にいっぱいになるのではないでしょうか。
最新の定員数はカナダ移民局のサイトから見ることができます。

2017年の後半や2018年の前半に渡航予定の方も早めに情報を取得し、準備を進めておきましょう。

抽選方式のため早めの待機リスト入りを

2016年からカナダのワーキングホリデービザでは抽選方式が採用されました。

ワーキングホリデービザの申請をすると「待機リスト」に名前が掲載されます。
これが最初のステップです。

この待機リストから抽選で選ばれた方が実際のビザの申請に進むことができます。
つまり、「渡航までまだ余裕がある」と思ってのんびりしている方は要注意。
待っていても抽選で選ばれずに手続きが渡航ギリギリになってしまうかもしれませんよ。

時間に余裕を持って早めの申請をしましょう

まとめ

2017年のカナダのワーキングホリデーの申請は2016年10月中旬スタートです。
ただ詳しいスケジュールや定員、必要書類などの情報は明らかになっていません。
上記の情報はあくまでも2016年を参考にしたものです。
最新情報はこのサイトでも提供していきますが、正確な情報はカナダ移民局の公式サイトでご確認ください。